親子丼探検隊〜比内や〜

親子丼探検隊〜比内や〜


雨降りの月曜日、本来ならライブも近いことですし、一日中家に籠もってお勉強したいところですが、腹が減っては戦は出来ぬ〜という理もありますし(笑)、まぁ早い話が現実逃避、以前から人が美味しいよと薦めて下さった吉祥寺ロフト前の「比内や」に親子丼を食べに行きました。ここは夜は炭火焼きの地鶏を食べさせる地鶏専門店らしいですが、ランチは数種類鶏がメインの丼をやっています。探検隊を自負するおばちゃんは迷わず親子丼を注文。出てきた親子丼はお肉は間違いなく炭火で焼いた地鶏を卵でとじたような感じで、口に入れると香ばしい香りがしました。なかなかの歯ごたえだぞぉ。この丼に鶏出汁のスープが付いて880円はまあまあかなあ。地鶏好きにはオススメですが、普通の蕎麦屋の引っ越しの時に出前で食べるような親子丼を求めているおばちゃんには60点(妥協は許されないのだ)!漬け物が一切れもないのは寂しいし、卵がスクランブルエッグみたいでイメージとはちょっと違いましたねぇ。しかしまぁ美味しく頂戴致しました。親子丼探検はまだまだ続く〜の巻(笑)。

| | コメント (6)

出張玉ひでの巻

出張玉ひでの巻


自称「吉祥寺親子丼探検隊」の隊長であるわたくしですが、それほど親子丼に対してウンチクや厳しい舌がある訳ではなく、とりあえず隊長を名乗るからには親子丼の最高峰を味わっておかねばならぬ〜、ということで本日ははるばる日本橋人形町まで、隊員一号の道案内であの有名な玉ひでの親子丼を食べに行ってきました。しかしまぁこの行動力が何故他方面に使用されないのか、皆さんも不思議に思われると思いますが、実は本人が一番残念に思っているところであります(笑)。玉ひではランチのみ親子丼を出しているのですが(夜は単品はない)、まあ11時過ぎにはもう行列が出来ておりました。はるばる来たのですから当然「極上親子丼」を注文。極上は軍鶏で鶏もつ入りらしいですわ。まもなく期待の親子丼登場!!ふわふわでとろ〜り卵、さらに黄身がトッピングされています。甘辛で独特のお味はおばちゃんの探し求める引越の親子丼とは似て非なるものではありますが、それはそれで美味でございました。なんかこれで親子丼にウンチクをたれる資格が出来た気がしますな(笑)。帰りに隊員一号の案内で魚久で魚の粕漬を買い、今半でチャーシューを買い、ちとせで昆布を買って帰宅しました。食べ物の散財が何たって一番楽しいですわ(笑)。

| | コメント (7)

親子丼探検隊その2

親子丼探検隊その2


吉祥寺の安価で庶民的なお蕎麦屋さんの、引越の出前で食べるような親子丼を求めて、日夜吉祥寺を徘徊しておりますおばちゃん率いる吉祥寺親子丼探検隊(現在隊員3名)!口コミでお蕎麦屋さん情報を入手致しましたので、昨日検証のため早速行って参りました。場所は中央線ガードから吉祥寺通りを練馬方面に直進、八幡さまの交差点を左折(五日市街道ね)、交番の先左側にあります「中清」というお店です。店内20席ほどの小じんまりした庶民的な店構え、値段もせいろ580円、鴨南蛮950円と値段も庶民的で期待大!いろいろ心は迷いますが、ここは初志貫徹で親子丼900円を注文、ほどなく来ましたよ、いい香りと共に。味はなかなかで美味しい親子丼でしたが、コンセプトである辛めの江戸前のつゆを使用したものとは異なり、う〜ん難しいなぁ。親子丼は本来は甘〜い優しい味なのかもしれません。しかしまあここは最初のニーズに忠実に評価して星3つ。ありませんかねえ、濃い味の引越の出前風親子丼。やっぱり出前でとらないと卵の感じ、冷え加減なんかイメージと違っちゃうのかしらん。追求はまだまだ続く〜(笑)。

| | コメント (10)

親子丼探検隊その1

親子丼探検隊その1


このところ親子丼に異常なほど執着しておりますおばちゃんは、「吉祥寺親子丼探検隊」なるものを早速結成致しました。地代高騰により消え行く吉祥寺の「庶民のお蕎麦屋」が多い中、昔引っ越しの出前で食べたようなフツーの味濃いめの親子丼を求めて、吉祥寺のランチを調査発掘する会であります。鶏専門店のお値打ちな地鶏を使った高級品や、出し汁たっぷりうす甘い関西系はここではターゲットではない。ジャンクな江戸前の辛めな安価な親子丼を、ひたすら追求する会なのです。隊長はわたくしで目下隊員は約一名ですが(笑)、熱心な隊員からの報告を受け、昨日吉祥寺南口バス通りにある「真希そば」に早速行って参りました。ここは夜は居酒屋になり、朝まで営業しているので、おばちゃんはのろの帰りに何度か立ち寄ったことがありますがランチは初めて〜。前からお蕎麦は本格的で旨いと聞いてはおりました。決め打ちなので座るやいなや親子丼セットを注文、すると割と早めに出てきましたよ、写真の丼が〜。おばちゃんの求めるものよりは若干甘めでしたが、それでも味濃いめでなかなか庶民的。惜しいのは別添え沢庵でなく、紅生姜と海苔がトッピングされていることかなあ。おばちゃんはどちらも好きですが、それだと家庭の親子丼になってしまいすのん。小ぶり丼に小ぶりお蕎麦が付いて800円は大健闘。味の方向性はビンゴだったので、星3つ半(満点5つで)。今後の報告にご期待下さいまし(笑)!!

| | コメント (4)

親子丼星一つ半

親子丼星一つ半


昨日の日記をご覧頂いた方はご承知と思いますが、このところ親子丼を探し求めているおばちゃんは、とうとう自分で作るという暴挙に出ました。昨夜プールの帰りにいつもよりちょびっと奮発してプリプリの地鶏を買い、もちろん卵と玉ねぎも揃えて、万全の態勢で今朝を迎えた訳であります。結果は…フツーに旨かったのですが、わたくしの恋い焦がれている「お蕎麦屋さんの親子丼」とは程遠いものでした(泣)。やっぱり出汁だわ〜。あの江戸前の蕎麦を全部浸したら辛くて食べられないようなカツオぷんぷんの出汁にかえしを合わせたつゆ〜お蕎麦屋さんなら苦もなく手に入るアレ(もちろんつゆ製作には死ぬほど手間がかかるのでしょうが)がなくてはわたくしの探し求める親子丼の味にはなりませんな。玉ねぎと鶏肉を煮るとつゆはそこから出る水分で薄まって水っぽくなる訳でして、もちろん関西風な合わせ出汁(カツオ昆布)で薄味甘口のヤツもそれはそれで旨いんですが、私のニーズではない!素材がいいのでまずくはなく結果は星一つ半(泣)。おばちゃんはこれから吉祥寺親子丼探検隊を結成することになりました、うえーん。

| | コメント (14)

夢みる親子丼

この日記は食べ物日記のつもりは決してないのであるが、読み返してみるとどうも食べ物のことばかり書いてありますな。しかしまぁおばちゃんがおばかなアタマで政治を語るのも無益だし、さりとて恋愛にやる気まんまんなのもはた迷惑な話なんで、庶民の安価な娯楽〜美味しいものを食べる〜ということに落ち着くのは仕方ないんだわよ(笑)。昨夜おばちゃんはプールの帰りに突然猛烈に親子丼が食べたくなりました。出汁の効いた味濃いめの親子丼ね、できたらお蕎麦屋さんの親子丼。しかし午後8時を過ぎますとなかなか条件は厳しい。ってかやっているお蕎麦屋さんでも初めての店に一人で入る勇気がないんだなぁ。やっと思いついたのが富士そばなんだけれど、悲しいかなカツ丼はありましたが親子丼はない(泣)。あきらめてトボトボパンなど買って、帰宅して以来今日この瞬間も親子丼でアタマが一杯です。考えてみたら外で親子丼ってあんまり食べたことがない。お蕎麦屋さんの親子丼は実は引っ越しの出前でしか食べたことないんですよ。お蕎麦屋さんに行く時はだいたい口はお蕎麦になっているし、ガッツリ行きたい時はまずカツ丼でしょう。親子丼は私には究極の家庭料理だったのだ。そういえばクリームシチューも給食を除き外では食べない家庭料理だわね。ビーフシチューを洋食屋さんで食べることはあるが、クリームシチューにはまずいかないわねえ。今週中にどっちも作って食べようと思いますが、とりあえず今すぐにお蕎麦屋さんの親子丼食べたーい!はあぁドラえもんのどこでもドア〜で昼休みに尾張屋さんとか玉ひでさんとかに飛んでいきたいですなあ。

| | コメント (14)